Topics

2014
11.10-12第57回自動制御連合講演会にて、岩井准教授の加嶋准教授(京大)との共同研究成果について口頭発表new
10.22岩井准教授、CG-ARTS人材育成フォーラムにて講演new
10.15EID研究会にて、M2竹田が口頭発表
10.11-12メイカーズバザール大阪にて、B4有志が課外研究をデモ展示
10.9GCCE2014にて、M1細溝が3rd prizeを受賞
10.7-10GCCE2014にて、M1細溝が口頭発表、M2竹田がポスター発表
9.10-12国際会議ISMAR2014にて、OG五十川が口頭発表、D1 Punpongsanonがポスター発表
8.31-9.4M1森多、ACIT2014にて口頭発表
8.20基礎セミナー「3Dプロジェクションマッピング」の成果発表の様子が豊能町ホームページに掲載
8.19NTT研との共同研究成果がScientific Report誌の「注目の論文」に選抜されました
7.28-31MIRU2014にて、岩井准教授、池田助教が招待講演、D3 Yildizが口頭発表
7.26豊能町立東ときわ台小学校舎にて基礎セミナー「3Dプロジェクションマッピング」最終成果発表会
7.8佐藤研教授・准教授、第3回大阪大学総長顕彰・奨励賞ワンツーフィニッシュ。佐藤教授は、教育の業績が特に顕著であると認められ総長顕彰を、岩井准教授は、若手教員(概ね40歳以下の者)のうち、研究の業績があると認められるなど、同分野で将来活躍することが期待される者と認められ総長奨励賞を受賞されました。
7.3Scientific Reportsに掲載されたNTT研との共同研究成果が、Nature Publishing Groupよりプレスリリースされました。
[Feeling warmth with the blues] [青色で暖かさを感じる]
7.2B4有志による研究テーマ、阪大の課外研究奨励事業にて採択
6.20岩井准教授、デジタル・ドキュメントサービス研究会(D.D.S.S.)にて「プロジェクション型AR」と題して講演
6.1岩井准教授、ホリエモンVR/AR未来研究所in大阪にて「プロジェクションマッピング2.0」と題して講演
6.1六甲山カントリーハウスへ遠足に行きました(ブログ記事)
5.21-23M1金森、新明、細溝、松蔭、森多、第58回システム制御情報学会研究発表講演会にて口頭発表
5.15-17岩井准教授、JP2014 情報・印刷産業展にて技術展示
3.12B4大嶋、理数学生育成支援事業合同研究発表会(第3回リサーチフェスタ)にて優秀賞受賞
3.12B4新明、細溝、松蔭、理数学生育成支援事業合同研究発表会(第3回リサーチフェスタ)にて奨励賞受賞
3.12B4大嶋、新明、細溝、松蔭、理数学生育成支援事業合同研究発表会(第3回リサーチフェスタ)にてポスター発表
3.9M1冨岡、AUGMENTED HUMAN 2014にてBest Demonstration Award受賞
3.7-9M1冨岡、AUGMENTED HUMAN 2014にてデモ発表
3.1-2B4大嶋、金森、サイエンス・インカレにて口頭発表
3.1-2B4新明、松蔭、森多、Bayarsaikhan、サイエンス・インカレにてポスター発表
1.23-24佐藤教授、複合現実感研究会(SIG-MR)にて口頭発表
2013年以前のTopics
  • _
メッセージ
実世界の問題を解いてこそ、エンジニア。信頼ある電子計測器メーカーとしてではなく、現在はグローバルなIT企業として顧客を満足させているHP社を創業したDavid Packardは、会長になった時にもパスポートの職業欄にエンジニアと記し続けたそうです。シリコンバレー発祥の地としてカリフォルニア州の史跡にもなっている場所は、スタンフォード大学で知りあったWilliam HewletteとDavid Packardが、音波測定用の発振器200Aを生み出した小さなガレージなのです。世の中で必要とされるのは能力があるだけの人ではなく役に立つ人なのです。

このページの先頭に戻る