HOME >> Japanese

岩井 大輔(Daisuke Iwai)


   

准教授
博士(工学)

所属:
大阪大学 大学院基礎工学研究科
システム創成専攻 システム科学領域
知能システム構成論講座 パターン計測グループ
[HP]

研究領域:
- プロジェクタ・カメラ協調システム
- 投影型複合現実感(拡張現実感)

Email:
daisuke.iwai/at/sys.es.osaka-u.ac.jp (/at/を@にして下さい)

産学連携:
プロジェクタ投影技術・3Dプロジェクションマッピング技術・熱画像(サーモグラフィ)処理等について共同研究・技術相談がございましたらお気軽にご連絡下さい。


Research Projects


   

Dynamic Reflectance Control for High Contrast Projection using Photochromism
(Optics Express 2014)

本研究では、スクリーンの反射率を時空間的に制御することで、プロジェクションディスプレイのコントラストを向上させる手法を提案する。明るい映像を表示する箇所の反射率を高く、暗い映像を表示する箇所の反射率を低く制御することによって、通常の単一白色のスクリーンを使用するときと比べて、投影結果のコントラストをブーストさせることができる。...
>> more


   

Making Graphical Information Visible in Real Shadows on Interactive Tabletops
(IEEE TVCG 2014, ISMAR 2014)

我々は、インタラクティブサーフェスの研究において、サーフェス上にできるユーザの影の中に情報を浮かび上がらせる画像情報隠蔽技法を提案する。提案手法では3台のプロジェクタを使用する。1台はサーフェス背面に設置し、他の2台はサーフェス上方に設置する。背面のプロジェクタより画像情報を投影表示し、上方のプロジェクタ1台より...
>> more


   

High-Definition Radiometric Compensation
(IEEE TCSVT 2014)

投影対象の反射率が投影1画素内で空間的に均一でない場合の色補正精度の悪化を最小化するため、近年低コストで入手できるようになった1,000万オーダーの画素数をもつ高解像度カメラを用いて、この問題を解決する技術を提案する。投影1画素内の投影反射色を高密度に計測し、プロジェクタに入力する画素値と投影表示される反射色との関係を得る...
>> more


   

Augmenting Physical Avatars Using Projector Based Illumination
(ACM TOG 2013, Siggraph Asia 2013)

アンドロイドの顔表情を豊かにするために、プロジェクタからの映像投影技術を利用することを提案する。ロボットの物理的制約により再現可能な動作は低周波数なものになってしまうことから、陰影映像投影により、不足している高周波数な動作を重畳することで、極めて印象的な顔表情を再現することを可能とした。
>> more on disneyresearch.com

(Collaboration with Disney Research Zürich [HP])


   

View Management of Projected Labels
(IEEE TVCG 2013, ISMAR 2013)

実物体の表面に直接仮想情報を重畳させるプロジェクション方式を採用する。投影型複合現実感においてアノテーションの提示を行う際には、アノテーションのレイアウトを行う際に留意すべき点に加え、投影型アプローチ特有の問題を考慮しなければならず、特に投影面の状態により投影像の可読性が大きく低下するという問題が大きい。本研...
>> more


   

3D High Dynamic Range Display System
(ISMAR 2011)

本研究では、3次元のハイダイナミックレンジディスプレイを提案する。我々は、立体視の手法を用いるのではなく、カラー3Dプリンタ出力模型に、印刷されているのと同様のテクスチャをプロジェクタから投影して光を二重変調することで、3次元立体面上でのハイダイナミックレンジ表示を実現する。複数台のプロジェクタから、カラー3D...
>> more


   

質感認知に関わる記録・合成と表示
(n/a)

新学術領域研究「質感認知の脳神経メカニズムと高度質感情報処理技術の融合的研究」の計画研究として、反射率可変デバイス(電子ペーパ等)とプロジェクタアレイにより構成した超高解像度・超高輝度・超高ダイナミックディスプレイを用いた実験により,自動車内装や服飾品など各分野での正確な質感提示に必要とされるディスプレイのパラメータを特定する。
>> more

(研究代表者:広島市立大学 日浦慎作 教授 [HP])


   

Interactive Bookshelf Surface
(Augmented Human 2011)

我々は,身近な実物体表面をインタラクティブサーフェス化することで,広範囲の日常活動を支援することができると考え,本論文では,本棚をインタラクティブサーフェス化し,収納された文書の探索および収納を支援することを提案した.具体的には、まず,ユーザが指先で本棚の棚表面をなぞると,指先の接触している棚の真上およびその...
>> more


   

複数投影環境における投影像のモデルベースボケ補償および影除去
(Virtual Reality 2011)

複数台のプロジェクタを使用する投影型複合現実感環境において, プロジェクタ・投影対象の幾何学的情報に基づき, 対象上で影のない鮮明な投影像表示を実現する多重焦点制御手法について述べる. 投影型MR環境では, プロジェクタの焦点ボケ及び対象面の傾斜による投影像の空間分解能低下と, 遮蔽物による投影像の影という2種の問題を...
>> more


   

Superimposing Dynamic Range
(ACM TOG 2008, Siggraph Asia 2008)

我々は、反射型画像変調により、シンプルかつ安価な静止画HDRディスプレイを実現した。提案システムでは、ハードコピー(写真、X線プリント、電子ペーパー等)にプロジェクタより画像を投影重畳して画像を表示することで、ハードコピーのみ(環境光下で観察)やプロジェクタのみ(通常のスクリーンに投影)での画像表示に比べて...
>> more

(共同研究先:Bauhaus-Universität Weimar, Germany [HP])


   

CrossOverlayDesktop
(IEICE Transactions on Information and Systems 2009)

ユーザ同士がフェイス・トゥ・フェイスでモバイル端末間でデータを授受する際に、それら端末間の空間の継ぎ目をなくすことに主眼を置き、それぞれのデスクトップ画面の一部を相互にグラフィカルに重畳し、その重畳領域においてデータの授受を行うシステムCrossOverlayDesktopを提案する。デスクトップの仮想的な重畳に対するメン...
>> more


   

ThermoReality
(Infrared Physics & Technology 2010)

熱情報を媒介する特殊な波長域である遠赤外領域の光を捉えることのできる赤外線カメラは、対象物体の温度情報を非接触で2次元画像として可視化することが可能であり、これまで検査・医療・災害救助といった分野での利用がなされてきている。しかしながら、ユーザインタフェースの観点から見ると、赤外線カメラによって撮影された...
>> more


   

Limpid Desk
(Virtual Reality 2011)

机上に積み重ねられた書類に関して、下層の書類の映像をカメラで取得し、あたかも上層の書類が透明になるように処理した映像を、投影型複合現実感技術の色補正処理を施しつつ、上層の書類へプロジェクタ投影するシステム"Limpid Desk"を提案する。並びに、ユーザの手の上層の書類への接触を、特殊な道具を身につけたり持...
>> more



©TOSHIBA

   

ロボットビジョン(研究インターンシップ)
(n/a)

  • 東芝研究開発センター [HP]
  • 2005年 9/12 - 11/30

>> TIME: THE MOST AMAZING INVENTIONS OF 2005


   

ThermoPainter
(ACE 2005)

コンピュータでの描画作業において、マウスとペンしか用いることができないのは直感的でないことに着目し、筆などの道具をそのまま用いてコンピュータ上に描画できるインタフェースの研究を行った。薄い紙面に暖かいものが触れたときの面上の温度変化をサーモグラフィで取得し、接触領域の位置を計測するという方式を提案した。湯...
>> more


   

日本人と南米人の踊りのノリ
(Journal of ITE 2011)

クラブなんかに踊りに行くと、踊っているシルエットを見るだけで、その人が日本人なのか他の外国の人なのかがわかる。この違いは、どこにあるのかを調べようと思って、同じクラスの留学生と始めた研究。留学生の子が南米人ということもあって、とりあえず日本人と南米人で調べることに。動きを調べるために、簡単なモーションキャプ...
>> more


   

共感覚(音と色のノンバーバルマッピング)
(ICEC 2005)

映画やテレビ番組、そしてWebデザインなどの映像作品に対して、それに合う音楽をつけるという作業は、その道のエキスパートでさえも困難なものである。しかし、ひとたび合う音楽がつけば作品の魅力は2倍にも3倍にもふくれあがる。このことから、映像に合う音楽を抽出するルールを生成することで、このような創造活動を支援する...
>> more


Publications

受賞

  1. 大阪大学総長奨励賞 (8/Jul/2014)
  2. 大阪大学総長による表彰 (18/Oct/2013)
  3. Outstanding Student Paper Award (3/Oct/2013)[HP]
    Akifumi Tanaka, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Minimization of Image Quality Degradation in Multi-projection Mapping," In Proceedings of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE), pp. 8-9, 2013.
  4. Best Presentation Award (14/Apr/2013) [HP]
    Parinya Punpongsanon, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Projection-based Mixed Reality for Deformable Surfaces," Korea-Japan Workshop on Mixed Reality, 2013. (No publication)
  5. 3rd Prize GCCE 2012 Student Paper Award (4/Oct/2012)[HP]
    Ryo Wataya, Daisuke Iwai and Kosuke Sato, "Ambient Sensing Chairs for Audience Emotion Recognition by Finding Synchrony of Body Sway," In Proceedings of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE), pp. 29-33, 2012.
  6. iENA Gold Medal (1/Nov/2008)[HP]
    "Superimposing Dynamic Range"
  7. 嵩賞 (7/Nov/2008)[HP]
    岩井大輔, "熱画像処理と投影型複合現実感技術の融合による実世界指向インタフェースに関する研究"
  8. 可視化情報学会学会賞(奨励賞) (22/Jul/2008)[HP]
    岩井大輔, 佐藤宏介, "投影型複合現実感技術を用いた熱画像可視化," 可視化情報学会論文集, Vol. 27, No. 9, pp. 69-76, 2007. [pdf]
  9. ベストインタラクティブ発表賞 (4/Mar/2004)[HP]
    岩井大輔, 佐藤宏介, "Thermo-Painter: 熱画像と熱メタファによるインタラクティブ描画システム," 情報処理学会, インタラクション2004論文集, pp. 21-22, 2004. [pdf]

共著者の受賞

  1. システム制御情報学会奨励賞 (16/May/2013)
    ○三原翔一郎, 岩井大輔, 佐藤宏介, "投影対象面の反射特性の空間的不連続領域での高解像度カメラを用いた高精度色補正投影," 第56回システム制御情報学会研究発表講演会論文集, pp. 357-358, 2012.
  2. システム制御情報学会奨励賞 (16/May/2013)
    ○佐々木貴之, 池田聖, 岩井大輔, 佐藤宏介, "周期構造を手がかりにした3次元計測のための拡張現実感システム," 第56回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, pp. 399-400, 2012.
  3. 電気科学技術奨励学生賞 (4/Nov/2012)[HP]
    ○Ryo Wataya, Daisuke Iwai and Kosuke Sato, "Ambient Sensing Chairs for Audience Emotion Recognition by Finding Synchrony of Body Sway," In Proceedings of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE), pp. 29-33, 2012.
  4. 学術奨励賞 (30/Mar/2010)[HP]
    ○長瀬百代, 岩井大輔, 佐藤宏介, "複数投影環境での投影像の空間周波数解析に基づくモデルベース多重焦点制御," 第14回日本バーチャルリアリティ学会大会, 3A2-1 (4 pages), 2009. [pdf]
  5. 優秀発表賞 (18/Jan/2010)[HP]
    ○松下和弘, 岩井大輔, 佐藤宏介, "1次元レンジファインダと画像計測による本棚利用ログの自動取得とインタラクティブ本棚," 第52回自動制御連合講演会, E5-4 (6 pages), 2009. [pdf]

研究成果発表に直接関係しない受賞

  1. 論文査読功労賞 , 映像情報メディア学会 (7/Jun/2013)

雑誌論文 & レター(英文)

  1. Hsin-Ni Ho, Daisuke Iwai, Yuki Yoshikawa, Junji Watanabe, and Shin'ya Nishida, "Combining colour and temperature: A blue object is more likely to be judged as warm than a red object," Scientific Reports, Vol. 4, Article No. 5527, 2014. [open access] [ネイチャー広報部門によるプレスリリース (英文, 和文)]
  2. Daisuke Iwai, Shoichi Takeda, Naoto Hino, and Kosuke Sato, "Projection Screen Reflectance Control for High Contrast Display using Photochromic Compounds and UV LEDs," Optics Express, Vol. 22, No. 11, pp. 13492-13506, 2014. [open access]
  3. Mariko Isogawa, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Making Graphical Information Visible in Real Shadows on Interactive Tabletops," IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics, Vol. XX, No. XX, pp. XX-XX, 2014. (presented at ISMAR 2014) [pdf]
  4. Shoichiro Mihara, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Artifact Reduction in Radiometric Compensation of Projector-Camera Systems for Steep Reflectance Variations," IEEE Transactions on Circuits and Systems for Video Technology, Vol. XXX, No. XXX, pp. XXX-XXX, 2014. [pdf]
  5. Amit Bermano, Philipp Brüschweiler, Anselm Grundhöfer, Daisuke Iwai, Bernd Bickel, and Markus Gross, "Augmenting Physical Avatars Using Projector Based Illumination," ACM Transactions on Graphics, vol. 32, no. 6, Article 189, 10 pages, 2013. (Proceedings of SIGGRAPH ASIA) [pdf]
  6. Daisuke Iwai, Tatsunori Yabiki, and Kosuke Sato, "View Management of Projected Labels on Non-Planar and Textured Surfaces," IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics, vol. 19, no. 8, pp. 1415-1424, 2013. (presented at ISMAR 2013) [pdf]
  7. Li Chang, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Recognizing the ID of Modulated LED Tube Lights by Using Camera Motion Blur," IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering, Vol. 7, No. S1, pp. S96-S104, 2012.
  8. Nana Hamaguchi, Keiko Yamamoto, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Estimation of Subjective Difficulty and Psychological Stress by Ambient Sensing of Desk Panel Vibrations", SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration (JCMSI), Vol. 5, No. 1, pp. 2-7, 2012. [pdf]
  9. Momoyo Nagase, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Dynamic Defocus and Occlusion Compensation of Projected Imagery by Model-Based Optimal Projector Selection in Multi-projection Environment", Virtual Reality, Springer-Verlag London Limited, Vol. 15, No. 2, pp. 119-132, 2011. (Online First, 2010) [pdf]
  10. Daisuke Iwai, Toro Felipe, Noriko Nagata, and Seiji Inokuchi, "Identification of Motion Features Affecting Perceived Rhythmic Sense of Virtual Characters through Comparison of Latin American and Japanese Dances", The Journal of The Institute of Image Information and Television Engineers, Vol. 65, No. 2, pp. 203-210, 2011. [pdf]
  11. Daisuke Iwai and Kosuke Sato, "Document Search Support by Making Physical Documents Transparent in Projection-Based Mixed Reality", Virtual Reality, Springer-Verlag London Limited, Vol. 15, No. 2, pp. 147-160, 2011. (Online First, 2010) [pdf]
  12. Daisuke Iwai and Kosuke Sato, "Optical Superimposition of Infrared Thermography through Video Projection," Infrared Physics & Technology, Elsevier, Vol. 53, No. 3, pp. 162-172, 2010. [pdf]
  13. Daisuke Iwai and Kosuke Sato, "CrossOverlayDesktop: Dynamic Overlay of Desktop Graphics between Co-located Computers for Multi- User Interaction," IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E92-D, No. 12, pp. 2445-2453, 2009. [pdf]
  14. Oliver Bimber and Daisuke Iwai, "Superimposing Dynamic Range," ACM Transactions on Graphics, Vol. 27, No. 5, pp. 150:1-150:8, 2008. (Proceedings of SIGGRAPH ASIA) [pdf]
  15. Oliver Bimber, Daisuke Iwai, Gordon Wetzstein and Anselm Grundhöfer, "The Visual Computing of Projector-Camera Systems," Computer Graphics Forum, Vol. 27, No. 8, pp. 2219-2245, 2008. [pdf]

雑誌論文 & レター(和文)

  1. 岡原浩平, 小川修平, 新明拓也, 岩井大輔, 佐藤宏介, "身体拡張型インタフェースのための前腕の投影表現に関する基礎検討," 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. XX, No. XX, pp. XX-XX, 2014.
  2. 武内真梨奈, 五十川麻里子, 岩井大輔, 佐藤宏介, "影のメタファを利用したポインティングインタフェースにおける影の制約緩和による操作性の向上," 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 19, No. 2, pp. 207-214, 2014.
  3. 吉川佑生, 岩井大輔, 佐藤宏介, "視温覚融合投影インターフェースにおける視覚が温覚に与える作用の基礎検討," 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 18, No. 4, pp. 527-530, 2013.
  4. 木室俊一, 岩井大輔, 佐藤宏介, "ハンドヘルドプロジェクタの遅延追従投影による目標交差インタフェース," 映像情報メディア学会誌, Vol. 67, No. 12, pp. J455-J462, 2013. [pdf]
  5. 小川修平, 杉田尚基, 岩井大輔, 佐藤宏介, "EigenNail法における複数識別器による指先押下認識の改善とそのメニュー選択インタフェース応用に向けた基礎検討,", Vol. 67, No. 12, pp. J425-433, 2013. [pdf]
  6. 武内真梨奈, 岩井大輔, 佐藤宏介, "投影型複合現実感のための6スペクトルバンドプロジェクタによる投影色補正," 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 18, No. 3, pp. 207-216, 2013.
  7. 綿谷亮, 岩井大輔, 佐藤宏介, "着座時揺動の同調傾向に基づく聴衆の興奮・退屈状態の計測," 電気学会論文誌C, Vol. 133, No. 4, pp. 706-712, 2013. [pdf]
  8. 松本翔平, 綿谷亮, 岩井大輔, 佐藤宏介, "アンビエントな着座揺動センシングによるデスクワークにおける筆記・非筆記状態識別," 電気学会論文誌C, Vol. 133, No. 2, pp. 373-379, 2013. [pdf]
  9. 岩井大輔, 矢引達教, 松下和弘, 佐藤宏介, "投影型アノテーションにおける投影面形状の重畳文字可読性に与える影響および重畳文字の運動による可読性改善に関する研究," 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 17, No.4, pp. 469-476, 2012. [pdf]
  10. 片岡真史, 岩井大輔, 佐藤宏介, "感性語を入力とする舞台照明コントローラ," 電気学会論文誌C, Vol. 132, No. 12, pp. 1999-2006, 2012. [pdf]
  11. 島津冴子, 岩井大輔, 佐藤宏介, "複数台プロジェクタによる投影型複合現実感のための解像度を考慮したプロジェクタ最適配置," 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 17, No. 3, pp. 261-268, 2012.
  12. 松崎圭佑, 岩井大輔, 佐藤宏介, "超低速度光の仮想表現による光伝播体験," 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 16, No. 4, pp. 577-584, 2011. [pdf]
  13. 松下和弘, 岩井大輔, 佐藤宏介, "Interactive Bookshelf Surface: 本棚のインタラクティブサーフェス化による文書探索・収納支援", 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 16, No. 1, pp. 3-12, 2011. [pdf]
  14. 長瀬百代, 岩井大輔, 佐藤宏介, "複数投影環境における投影像の空間周波数解析に基づくモデルベースボケ補償および影除去," 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 15, No. 3, pp. 503-512, 2010.
  15. 岩井大輔, 佐藤宏介, "投影型複合現実感技術を用いた熱画像可視化," 可視化情報学会論文集, Vol. 27, No. 9, pp. 69-76, 2007.
  16. 岩井大輔, 佐藤宏介, "ThermoRetouch & ThermoModeler: 熱感覚を利用した画像創作支援," 芸術科学会論文誌, Vol. 6, No. 2, pp. 65-75, 2007. [pdf]
  17. 岩井大輔, 佐藤宏介, "Limpid Desk: 投影型複合現実感による机上書類の透過化," 情報処理学会論文誌, Vol. 48, No. 3, pp. 1294-1306, 2007.
  18. 岩井大輔, 佐藤宏介, "ThermoReality: 実環境に偏在する熱現象を対象とする投影型エデュテイメントシステム," 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 11, No. 4, pp. 569-572, 2006.
  19. 中山太一郎, 岩井大輔, 佐藤宏介, "投影型情報提示における判読性に関する研究," 映像情報メディア学会誌, Vol. 60, No. 12, pp. 2012-2014, 2006. [pdf]
  20. 岩井大輔, 金谷一朗, 日浦慎作, 井口征士, 佐藤宏介, "ThermoPainter: 熱画像を用いたタブレット型入力装置とそのインタラクティブ描画システム," 情報処理学会論文誌, Vol. 46, No. 7, pp. 1582-1593, 2005. [pdf]
  21. 長田典子, 岩井大輔, 津田学, 和氣早苗, 井口征士, "音と色のノンバーバルマッピング−色聴保持者のマッピングルール抽出とその応用−," 電子情報通信学会論文誌(A), Vol. J86-A, No. 11, pp. 1219-1230, 2003.

査読付国際会議発表(口頭発表)

  1. Ryo Wataya, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Community Detection in Real Communication Using Body Sway and Voice Information with Ambient Sensing Chair," In Proceedings of IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII), pp. 466-471, 2013.
  2. Akifumi Tanaka, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Minimization of Image Quality Degradation in Multi-projection Mapping," In Proceedings of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE), pp. 8-9, 2013.
  3. Kohei Okahara, Shuhei Ogawa, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Camera Based Hand Recognition for the Graphically Extended Hand," In Proceedings of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE), pp. 120-121, 2013.
  4. Yuki Yoshikawa, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "A Study of Thermal Sensation with Visuo-Thermal Projection Interfaces," In Proceedings of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE), pp. 118-119, 2013.
  5. Shoichiro Mihara, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Error Minimization of Radiometric Compensation for Subpixel Reflectance Variation," In Proceedings of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE), pp. 449-450, 2013.
  6. Parinya Punpongsanon, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Projection-based Mixed Reality for Deformable Surfaces," Korea-Japan Workshop on Mixed Reality, 2013. (No publication)
  7. Takayuki Sasaki, Sei Ikeda, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Rough Scale Estimation in SLAM for Desktop Environments," Korea-Japan Workshop on Mixed Reality, 2013. (No publication)
  8. Shuhei Ogawa, Kohei Okahara, Daisuke Iwai and Kosuke Sato, "A Reachable User Interface by the Graphically Extended Hand," In Proceedings of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE), pp. 215-216, 2012. [pdf]
  9. Ryo Wataya, Daisuke Iwai and Kosuke Sato, "Ambient Sensing Chairs for Audience Emotion Recognition by Finding Synchrony of Body Sway," In Proceedings of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE), pp. 29-33, 2012. [pdf]
  10. Chang Li, Daisuke Iwai and Kosuke Sato, "An ID and Position Recognition Method employing Camera Motion Blur for Modulated LED Tube Lights," In Proceedings of IAPR Conference on Machine Vision Applications, pp. 562-565, 2011. [pdf]
  11. Kazuhiro Matsushita, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Interactive Bookshelf Surface for In Situ Book Searching and Storing Support," In Proceedings of Augmented Human International Conference, pp. 2:1-2:8, 2011. [pdf]
  12. Nana Hamaguchi, Keiko Yamamoto, Daisuke Iwai, Kosuke Sato, "Subjective Difficulty Estimation for Interactive Learning by Sensing Vibration Sound on Desk Panel," Lecture Notes in Computer Science, Springer, Volume 6439, pp. 138-147, 2010 (In Proc. of International Joint Conference on Ambient Intelligence (AmI)). [pdf]
  13. Hirofumi Nakai, Daisuke Iwai and Kosuke Sato, "3D Shape Measurement by Sweeping Hand-held Light Striping Range Finder," In Proceedings of CIPA Symposium, OS2-3, 2009. [pdf]
  14. Hirofumi Nakai, Daisuke Iwai and Kosuke Sato, "3D Shape Measurement Using Fixed Camera and Handheld Laser Scanner," In Proceedings of SICE Annual Conference 2008, pp. 1536-1539, 2008. [pdf]
  15. Naoki Sugita, Daisuke Iwai and Kosuke Sato, "Touch Sensing by Image Analysis of Fingernail," In Proceedings of SICE Annual Conference 2008, pp. 1520-1525, 2008. [pdf]
  16. Oliver Bimber, Daisuke Iwai, Gordon Wetzstein and Anselm Grundhöfer, "The Visual Computing of Projector-Camera Systems," EUROGRAPHICS State-of-the-Art Reports (STARs), pp. 23-46, 2007. [pdf]
  17. Daisuke Iwai and Kosuke Sato,"Limpid Desk: See-Through Access to Disorderly Desktop in Projection-Based Mixed Reality," In Proceedings of ACM Virtual Reality Software and Technology (VRST'06), ACM, pp. 112-115, 2006. [pdf]
  18. Huichuan Xu, Daisuke Iwai, Shinsaku Hiura and Kosuke Sato, "User Interface by Virtual Shadow Projection," In Proceedings of SICE-ICCAS 2006, SA14-1, A0897, 2006. [pdf]
  19. Daisuke Iwai, Sawako Hanatani, Chinatsu Horii and Kosuke Sato, "Limpid Desk: Transparentizing Documents on Real Desk in Projection-Based Mixed Reality," In Proceedings of IEEE VR 2006 Workshop Emerging Display Technologies (EDT'06), pp. 30-31, 2006. [pdf]
  20. Noriko Nagata, Daisuke Iwai, Sanae H. Wake and Seiji Inokuchi, "Non-verbal Mapping between Sound and Color - Mapping Derived from Colored Hearing Synesthetes and Its Applications -," Lecture Notes in Computer Science, Volume 3711, Springer, pp. 401-412, 2005. (In Proceedings of International Conference on Entertainment Computing (ICEC'05)) [pdf]
  21. Daisuke Iwai and Kosuke Sato, "Heat Sensation in Image Creation with Thermal Vision," In Proceedings of ACM SIGCHI International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE'05), pp. 213-216, 2005. [pdf]
  22. Noriko Nagata, Kazutaka Okumoto, Daisuke Iwai, Felipe Toro and Seiji Inokuchi, "Analysis and Synthesis of Latin Dance using Motion Capture Data," Lecture Notes in Computer Science, Volume 3333, Springer, pp. 39-44, 2004. (In Proceedings of Pacific Rim Conference on Multimedia (PCM'04)) [pdf]
  23. Daisuke Iwai, Noriko Nagata, Sanae H. Wake and Seiji Inokuchi, "Approach to Non-verbal Mapping between Sound and Color," In Proceedings of SICE Annual Conference 2002, pp. 34-39, 2002.

査読付国際会議発表(ポスター・デモ)

  1. Parinya Punpongsanon, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Parinya Punpongsanon, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "A Preliminary Study on Altering Surface Softness Perception in Spatial Augmented Reality," In Proceedings of ISMAR 2014. (accepted)
  2. Parinya Punpongsanon, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "DeforMe: Projection-based Visualization of Deformable Surfaces using Invisible Textures," In Proceedings of SIGGRAPH Asia Emerging Technologies, pp. 8:1-8:3, 2013.
  3. Parinya Punpongsanon, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Projection-based Visualization of Viscoelastic Surfaces Deformation using Infrared Vision Technique," In Proceeding of Thailand-Japan International Academic Conference, pp.172-173, 2013.
  4. Hsin-Ni Ho, Daisuke Iwai, Yuki Yoshikawa, Junji Watanabe, and Shin'ya Nishida, "Effects of color on perceived temperature," Perception, Vol. 42 (supplement), p. 167, 2013. (Proceedings of European Conference on Visual Perception (ECVP2013))
  5. Naoto Hino, Daisuke Iwai and Kosuke Sato, "Dynamic Reflectance Control of Photochromic Compounds for 3D High Dynamic Range Display," CVPR 2012 Workshop for Computational Camera and Displays, 2012.
  6. David Samuel, Daisuke Iwai and Kosuke Sato, "Focal Length Modulation of Projection Lens for Defocus Blur Compenstation," CVPR 2012 Workshop for Computational Camera and Displays, 2012.
  7. Kei Kodama, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Pan-Tilt Projector Path Planning for Adaptive Resolution Display," In Proceedings of International Conference on Artificial Reality and Telexistence (ICAT), p.140, 2011. [pdf]
  8. Tatsunori Yabiki, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Adaptive Annotation Layout in Projection-Based Mixed Reality by Considering Its Readability," In Proceedings of International Conference on Artificial Reality and Telexistence (ICAT), p.144, 2011. [pdf]
  9. Mariko Miki, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Optically Hiding of Information with Polarized Complementary Projection," In Proceedings of International Conference on Artificial Reality and Telexistence (ICAT), p.166, 2011. [pdf]
  10. Saeko Shimazu, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "High Dynamic Range 3D Display System with Projector and 3D Color Printer Output," In Proceedings of International Conference on Artificial Reality and Telexistence (ICAT), p.165, 2011. [pdf]
  11. Mariko Miki, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Optically Hiding of Tabletop Information with Polarized Complementary Image Projection - Your Shadow Reveals It!," In Proceedings of ACM International Conference on Interactive Tabletops and Surfaces (ITS), pp. 260-261, 2011. [pdf]
  12. Saeko Shimazu, Daisuke Iwai and Kosuke Sato, "3D High Dynamic Range Display System," In Proceedings of IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR), pp. 235-236, 2011. [pdf]
  13. Keisuke Matsuzaki, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Snail Light Projector: Interaction with Virtual Projection Light in Hyper-Slow Propagation Speed," In Proceedings of ACM SIGCHI International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE'10), pp. 114-115, 2010. [pdf]
  14. Momoyo Nagase, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Dynamic Control of Multiple Focal-Plane Projections for Eliminating Defocus and Occlusion," In Proceedings of IEEE Virtual Reality (poster), pp. 293-294, 2010. [pdf]
  15. Oliver Bimber and Daisuke Iwai, "Superimposing Dynamic Range," In Proceedings of SIGGRAPH 2008 New Tech Demo (DVD), p.36, 2008. [pdf]
  16. Noriko Nagata, Kazutaka Okumoto, Daisuke Iwai, Felipe Toro and Seiji Inokuchi, "Comparative Analysis and Synthesis of Latin Dance using Motion Capture," In Proceedings of International Conference on Virtual Systems and Multimedia (VSMM'04), pp. 779-780, 2004.

査読付国内会議発表

    論文リスト

国内会議発表

    論文リスト

その他

    論文リスト

特許

  1. ホー シンニー, 渡邊淳司, 西田眞也, 岩井大輔, 吉川佑生, "温度感覚制御装置、色決定装置、温度感覚制御方法、色決定方法及びプログラム," 特願2013-237811, 2013年11月18日出願.
  2. Oliver Bimber and Daisuke Iwai, "Method and Illumination Device for Optical Contrast Enhancement," US patent, US20110019914, 2010年9月30日出願, 2011年1月27日公開.
  3. Oliver Bimber and Daisuke Iwai, "Verfahren und Beleuchtungsvorrichtung zur Optischen Kontrastverstärkung (Method and Illumination Device for Optical Contrast Enhancement)," WO patent, WO2009121775, 2009年3月25日出願, 2009年10月8日公開.
  4. Oliver Bimber and Daisuke Iwai, "Verfahren und Beleuchtungsvorrichtung zur Optischen Kontrastverstärkung (Method and Illumination Device for Optical Contrast Enhancement)," European patent, EP2188661, 2009年3月25日出願, 2010年5月26日公開.
  5. Oliver Bimber and Daisuke Iwai, "Verfahren und Vorrichtung zur Erhöhung des Kontrastsverhältnisses bei der Darstellung eines Bildes (Method for optical contrast enhancement of an object comprises spatially and/or temporarily modulating the illumination of the object and determining the modulation using a set of image data associated with the object)," German patent, DE102008000906, 2008年4月1日出願, 2009年10月15日公開.

取材協力

  1. 毎日放送(2013年7月9日): Voice
  2. 読売テレビ(2008年9月28日): 大阪ほんわかテレビ「情報喫茶店」
  3. テレビ東京(2007年2月12日): ワールドビジネスサテライト「ベスト・オブ・トレたま」ノミネート (20傑/2000作品)
  4. テレビ東京(2006年7月11日): ワールドビジネスサテライト「トレンドたまご」(書類がスケスケ/書類透明化システム)
  5. 日本経済新聞(2006年7月3日付)[記事(JPEG)]
  6. 日本経済新聞(2006年5月26日付)[記事(JPEG)]
  7. NHK BS2(2006年3月11日): デジタル・スタジアム「竹中直純セレクション」
  8. NHK BS2(2005年10月1日): デジタル・スタジアム「ART NEWS」
  9. PC WATCH(2005年8月31日): 森山和道の「ヒトと機械の境界面」
  10. MYCOM PCWEB(2004年3月15日): 独創的なインタフェースのアイデアが光る「インタラクション2004」


Doctoral Dissertation

  • 岩井大輔, "熱現象を媒介とする実世界指向インタフェースに関する研究," 博士学位論文, 大阪大学, 2007. [pdf]

Invited Talk

  • "プロジェクション型AR," デジタルドキュメントサービス研究会 (D.D.S.S.) 経営革新研究会 第2回セミナー「大阪大学大学院基礎工学研究科のAR (拡張現実) 技術」, 2014年6月20日.
  • "プロジェクションマッピング2.0," ホリエモンVR/AR未来研究所in大阪, 2014年6月1日. [link]
  • "プロジェクションマッピングのための基盤技術," 視覚科学技術コンソーシアム (VSAT) オープンイベント2013, 2013年6月21日. [link]
  • "ProCams for Interactive Surfaces," Institute of Visual Computing at ETH, 2011年10月13日. [link1] [link2]
  • "Interactive Projection-based Mixed Reality," Institute of Computer Graphics at the Johannes Kepler University Linz, 2009年11月17日. [link]

Professional Activities

所属学会

  • 日本バーチャルリアリティ学会

プログラム委員

  • IEEE/ACM International Symposium on Augmented and Mixed Reality (ISMAR) (2008, 2009, 2010)
  • ACM International Conference on Interactive Tabletops and Surfaces (ITS) (2011)
  • IEEE International Workshop on Computational Cameras and Displays (CCD) (2013)
  • Pacific-Rim Symposium on Image and Video Technology (PSIVT) (2010, 2011, 2013)
  • Pacific-Rim Conference on Multimedia (PCM) (2012, 2013, 2014)
  • International Conference on Artificial Reality and Telexistence (ICAT) (2010)
  • IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE) (2014)
  • ACCV 2010 Workshop on Application of Computer Vision for Mixed and Augmented Reality (ACVMAR) (2010)
  • IASTED International Conference on Human-Computer Interaction (IASTED-HCI) (2010)
  • 第52回自動制御連合講演会 (2009)

委員

  • 日本バーチャルリアリティ学会 アート&エンタテインメント研究委員会 委員 (2008-)
  • 日本バーチャルリアリティ学会 アート&エンタテインメント研究委員会 幹事補佐 (2009-2010)
  • 日本バーチャルリアリティ学会 アート&エンタテインメント研究委員会 幹事 (2011-)
  • 日本バーチャルリアリティ学会 複合現実感研究委員会 委員 (2010-)
  • 日本バーチャルリアリティ学会 論文委員 (2012-)
  • 日本バーチャルリアリティ学会 学会誌編集委員 (2012-)
  • 日本バーチャルリアリティ学会 論文誌特集号「アート&エンタテインメント3」 ゲストエディタ補佐 (2013年9月)
  • 日本バーチャルリアリティ学会 学会誌特集号「プロジェクションマッピング」ゲストエディタ (2014年6月)
  • 日本バーチャルリアリティ学会 論文誌特集号「デジタルファブリケーションとVR」 ゲストエディタ (2014年12月)
  • 映像情報メディア学会 会誌編集委員会 企画幹事 (2012-)
  • 映像情報メディア学会 学会誌特集号「コンピュテーショナルフォトグラフィ」 編集担当幹事 (2013年8月)

査読

    査読リスト


Funded Projects

2014.4-2017.3 科研費 挑戦的萌芽研究「大規模非負システム制御理論に基づく映像投影システムの設計論」(研究分担者)
2013.4-2016.3 科研費 挑戦的萌芽研究「身体を直截観測する投影型複合現実インタフェースでの擬似力触覚生起の研究」(研究代表者)
2010.4-2015.3 新学術領域研究(計画研究)「質感認知に関わる記録・合成と表示」(領域:質感脳情報学、研究分担者)
2009.4-2012.3 科研費 若手研究(B)「投影型複合現実感技術による高品位文化財再現」(研究代表者)
2009.4-2012.3 科研費 基盤研究(B)「能動照明と高自由度撮影による写真制作支援手法の開発」(研究分担者)
2008.4-2009.3 科研費 基盤研究(B)「光空間通信型三次元センサネットワークによるユビキタス情報環境」(研究分担者)
2006.4-2008.3 科研費 特別研究員奨励費「熱感覚ヒューマンコンピュータインタラクションに関する研究」(研究代表者)
2001.4-2002.3 大阪大学 課外研究奨励費「画像処理による日本人と外国人の踊りの解析とその発展」(研究代表者)